無職の本音~只今転職活動中~

無職の本音と雑記です。

海外通販を使わずアンティーク風コラージュ素材を探す①

アジア系海外通販を使わずにアンティーク風のコラージュ素材を探してみようかと思い、今回の記事を書きました。

個人情報保護や経済的な意味で中華圏のサイトは利用したくないと言う人は多いと思います。

私はそういったタイプなので100均を利用する事が多いです。

 

コラージュやらない人の為に説明させて頂きます。

持っているに越した事のない柄と言うのが何種類かあります。

 

①英字新聞柄

②英字柄(欧米の本や手紙のように文字で埋め尽くされた柄)

③スコア柄(楽譜)

④地図(アンティーク風世界地図)

 

こうような柄のデザインペーパーやマスキングシートを見付けたら積極的に購入するのがお約束です。

 

f:id:biogtime:20220929090914j:image

ラッピングコーナーに金剛杖の如き姿で販売されているラッピングペーパーです。

こちらコスパ重視の方にお勧めです。

A4程度のサイズにカットすれば16枚分くらいとれます。

丸まっているので伸ばしてカットする手間はありますが折り紙サイズのデザインペーパーを買うよりコスパが良いと思います。


f:id:biogtime:20220929090907j:image

柄が大きいのでロルバーンLくらいのサイズでコラージュしていて予算を掛けたくない人にお勧めです。

こういうベージュ系の英字柄ペーパーはコラージュのベースによく使われるので、量があると便利ですね。

西部開拓時代を彷彿とさせるフォントが使われている所が残念ポイント。

f:id:biogtime:20220929090910j:image

スコア柄はネイビーもありました。

ホワイト系は柄の主張も控えめなのでよくあるスコア柄より使いやすいかなと思って購入しました。

スコア柄って主張が激しくて英字より使い難いんですよ。

新聞紙風の柄は白系とベージュ系の2種類あって、私はベージュ系を購入しました。

ニュースペーパー系もベースに使えるので持っていると便利ですよね。

手に入らない場合は本屋やメルカリで英字新聞を購入すれば良いと思います。

モノクロ写真時代の当時物を購入する必要は無く、昨日の新聞でも欧米の物で現地の文字であれば十分使えます。

個人的にはフランスやドイツや北欧、キリル文字圏の新聞が欲しいですね。


f:id:biogtime:20220929090903j:image

私の場合、新聞柄の場合は記事ごとに切り離しております。

A4くらいのサイズに等分しても問題なく使えます。

新聞ではないので裏面に印刷はありません。

記事の中に配置されたイラストや写真を切り抜いてステッカー代わりに使用しても良いかと思います。

新聞柄はもう1種類ありましたが、ベージュの方が完売しており今回は見送りました。

タイプライターやメリーゴーラウンドが印刷されているのは魅力的ですね。

100均なのでこういった柄はグッズ毎に使い回されたりするので、節約タイプの方は要注意下さい。