無職の本音~只今転職活動中~

無職の本音と雑記です。

ZEBRA bLen 0.5 をレビューしてみる

こんにちは。

アナログでも文字の二次創作をしているので1~2時間程度の執筆に適したボールペンを探す為に、今は色々なボールペンを試しています。

なので持っているペンをレビューしていきたいと思います。

 

ちなみに個性的な鉛筆の持ち方をするタイプではありません。

手は小さいです。

筆圧は平均より少し高いと思います。
文字は大きめに書くタイプで、ノートはゆっくり綺麗に書くより読める程度に流して書くスタイルです。

 

下の画像が今回用意したラインナップです。

限定デザインは使用しておりません。

全て定番デザインを使用しております。

f:id:biogtime:20220908161601j:image

油性、ゲルインク、フリクションの0.5mm 黒 300円以下で揃えております。
コクヨのMEという商品があれば国内の大手文具メーカーのボールペンは揃うのかな?
しかしパイロットは種類出し過ぎ(笑)
有隣堂しか知らない世界の油性ボールペン対決でモブっぽい雰囲気になってたけど、あれは何だったのか…

 

f:id:biogtime:20220908161609j:image

という訳で今回は「Open your imagination」でおなじみのZEBRA(ゼブラ株式会社)の【bLen】さんです。

私は100均に売っていた白を選びました。
ビジュアルはオシャレだと思います。
低価格帯の金属やメッキ未使用デザインの弱点である安っぽさと、事務用品臭さや勉強道具の退屈さが無いのでビジュアルはとても好きです。

本体のカラーも豊富です。

色によってはピエールカルダンやクレージュのコスモルック的な近未来感もあります。

本体は軽いですが太くボリュームがあるので、ズッシリくるような印象を受けるかもしれません。

ラバー部分にくびれが無いのでフィット感も一般的なボールペンと少し違っています。

手の大きさやペンの持ち方で好みが分かれる商品だと思います。

 

f:id:biogtime:20220908161632j:image

bLen(ブレン)はブレないらしいです。
日本の素晴らしき伝統文化であるダジャレネーム商品です。
ところでブレってどんな状態を言っているのでしょうか…
今は昔と違って、どのメーカーもペン先と穴の間に隙間なんて殆どないので安定していると思うのですが…

 

f:id:biogtime:20220908161642j:image

ロゴです。

ノックした時の感覚は軽いです。

戻した時の反発も軽いのに安定しています。

強反発特有のボヨヨ~ンみたいなバネの響く感覚もありません。

あれ嫌いな人絶対にいると思います。

 

f:id:biogtime:20220908161701j:image

 

書き味はエッジの効いた鋭さが少しあります。

ブレについては実感がありません。
個人的には書きなれない文字(アルファベットなど)を書くときにペンの走りが暴走してシルエットが崩れる事がありました。

シャープな書き心地のせいか筆圧の高い人は紙によってペン先が引っ掛かる場合があります。(滑りが渋くなる)

インクは油性なのでベタベタした感じはありません。

油性の中でもドライな書き心地のインクだと思います。

色は薄めでグレーっぽいです。

0.5mmとしては視覚的な意味で妥当な太さだと思います。

 

f:id:biogtime:20220908181331j:image

インクの入れ替え可能です。

グリップは本体と一体感があり、ラバー部分がペン先まである珍しい作りです。

なので先端ではなく真ん中辺りで分解します。

 

1時間以上の長時時間執筆よりもちょっとしたメモ書きの方が向いていると思います。

手が小さく筆圧も高めな私にはボリュームがあって指にも当たり、長時間の執筆は辛いです。
実際、執筆に使っていて辛かったので別のボールペンに変えました。

グリップにくびれがあればフィットすると思うのでもう少し違っていたと思います。

 

 

 

最後にゼブラ株式会社の看板ボールペンであるブレンさんのブレない秘密とコンセプトを公式からご確認下さい。

www.zebra.co.jp